診療科・部門紹介 放射線治療センター

診療内容

放射線治療では、悪性腫瘍が正常組織より放射線に対する影響を受けやすいという性質を利用します。放射線照射によって、悪性腫瘍は消滅・縮小するが、正常組織は障害を発生することがあっても回復する、ということが放射線治療の原理です。放射線治療の対象は主に脳腫瘍、頭頚部腫瘍、食道癌、肺癌、乳癌、子宮癌、前立腺癌、直腸癌、リンパ腫、各転移性腫瘍などです。
他の診療科からの依頼で放射線治療を行なっています。

当院で可能な放射線治療 
通常の外部照射(3DCRT)
呼吸同期照射
強度変調放射線治療(脳腫瘍、頭頚部がん、前立腺癌、婦人科がん)
体幹部定位放射線治療(肺癌)
高線量率小線源治療(婦人科がん)
全身照射

当院で不可能な放射線治療
脳定位放射線治療
粒子線(陽子線、重粒子線)治療
ガンマナイフ
サイバーナイフ
組織内照射(前立腺シード、頭頚部、婦人科)
RI内容療法(ヨード、ラジウム)
 
スタッフ 
放射線治療専門医2名、物理士1名、放射線治療技師6名、看護師1名、常務職員1名
 
設備 
リニアック2台、PALS1台


放射線治療の説明は下記の外部サイトなどをご参照ください。
日本放射線治療学会
国立がん研究センターがん情報サービス

対象疾患

脳腫瘍、頭頸部癌、肺癌、食道癌、乳癌、子宮癌、前立腺癌、直腸癌、リンパ腫 など

診療実績

新規患者数 510人
治療した患者数 578人
IMRTを行った患者数 66人
肺定位照射を行った患者数 15人
小線源治療を行った患者数 31人
(2018年度)
新規患者数 510人
治療した患者数 578人
IMRTを行った患者数 66人
肺定位照射を行った患者数 15人
小線源治療を行った患者数 31人
(2018年度)

担当医表

担当医表や休診情報がご確認頂けます。
担当医表

スタッフ紹介

診療科・部門紹介 へ戻る
ページトップに戻る