診療科・部門紹介 脊椎脊髄外科

診療内容

脊椎・脊髄・末梢神経の手術治療を専門に担当しています。

「手がしびれる」「箸がうまく使いにくい」「転びやすくなった」・・・、これらは頚椎症性脊髄症、頚椎椎間板ヘルニア、後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたいこつかしょう)、手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)など、頚椎や末梢神経の病気でよく見られる症状です。
「ひどい腰痛がある」「坐骨神経痛で動くこともできない」「歩いていると足がしびれてくる」・・・、これらは腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、椎体圧迫骨折など腰の骨(腰椎:ようつい)の病気の典型的な症状です。
脊椎・脊髄・末梢神経が原因で起こる症状はまだまだ沢山あります。

「脊椎の病気」と診断されたらどうしますか?
−まずは薬や牽引やブロックなど、いわゆる保存的療法が選択されることが多いと思います。幸い、「脊椎の病気」は生命(いのち)に関わる可能性が低いので、保存的療法は正しい選択肢の一つと思います。でも、全ての「脊椎の病気」が保存的治療で治るわけではありません。
「年だから」がまんするしかないのでしょうか?
 −脊椎や神経の病気には手術で治るものもたくさんあります。もしかしたら、手術により痛みやしびれから解放されるかもしれません。
「脊椎の手術って難しいんでしょう?合併症が心配で、・・・」という方は多いと思います。
 −確かに「脊椎の手術」は難しい手術が多いと思います。だからこそ、「脊椎手術の専門家」が必要なのではないでしょうか?
 −もちろん、手術のリスクをゼロにすることはできません。でも、最大限安全に配慮した手術を行うことは可能です。すべての診断・治療を経験豊富な脊椎脊髄外科専門チームが担当し、すべての手術は手術用顕微鏡や脊髄内視鏡などの最先端技術を用いて行われる、それだけでも少し安心しませんか?

私たちは、脊椎・脊髄・末梢神経の手術治療を専門に担当しています。

「長いこと保存的治療を受けているけど、なかなか良くならない。」
「脊椎の手術を勧められているけれど、一度専門の先生の意見を聞いてみたい」という方は、ぜひ私たちにご相談下さい。


脊椎脊髄外科での治療について 詳しくはこちら

●『骨粗鬆症の予防と改善、骨折の防止』を目的として骨粗鬆症リエゾンチームを立ち上げました。
医師や様々な職業の医療スタッフ(看護師、リハビリ、薬剤師、栄養士、検査技師など)がお互いに連携を取りながら、地域の皆様がいち早く骨粗鬆症に対する適切な治療を受けられたり、その適切な治療を継続できるよう取り組んでいます。

脊椎脊髄外科医を目指すかたへ

診療関連トピックス

対象疾患

脊椎脊髄の外科的疾患を担当しています。主な疾患は以下の通りです。

 頚椎疾患: 頚椎椎間板ヘルニア、変形性頚椎症、発育性脊柱管狭窄症、後縦靭帯骨化症、頚椎症性脊髄症
 胸椎疾患: 胸椎椎間板ヘルニア、胸椎黄色靭帯骨化症
 腰椎疾患: 腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症・すべり症
 椎体圧迫骨折: 骨粗鬆症、転移性脊椎腫瘍
 脊髄腫瘍: 転移性脊椎腫瘍、脊髄硬膜内髄外腫瘍、脊髄髄内腫瘍
 脊髄血管障害: 脊髄動静脈奇形、脊髄動静脈瘻、脊髄硬膜外出血、脊髄梗塞、キアリ奇形および脊髄空洞症
 頭蓋頚椎移行部奇形: 頭蓋底陥入症、環軸椎亜脱臼
 絞扼性(こうやくせい)末梢神経障害: 手根管症候群、胸郭出口症候群、足根管症候群

診療実績

外来延べ患者数 8,040名
入院延べ患者数 6,023名
(2022年度実績)
疾患別症例数(2022年度実績)
  患者数
新生物(続発性新生物含む) 10
中枢神経系の炎症性疾患 4
単ニューロパチ<シ>ー 27
重症筋無力症及びその他の神経筋障害 2
その他の麻痺性症候群 2
神経系のその他の障害 16
脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 1
その他の変形性脊柱障害 52
その他の炎症性脊椎障害 7
脊椎症 37
その他の脊椎障害 91
頚部椎間板障害 6
その他の椎間板障害 34
背部痛 1
その他の軟部組織障害,他に分類されないもの 2
先天奇形 7
頭蓋内損傷 1
頚部の骨折 8
頚部の関節及び靱帯の脱臼,捻挫及びストレイン 1
頚部の神経及び脊髄の損傷 14
肋骨,胸骨及び胸椎骨折 20
胸部<郭>の神経及び脊髄の損傷 1
腰椎及び骨盤の骨折 17
処置の合併症,他に分類されないもの 1
その他及び部位不明の大唾液腺の悪性新生物 1
合計 363
手術実績
  2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021
(7月末)
合計
変性疾患 249 218 214 239 204 212 193 233 260 215 115 2352
 頚椎椎間板ヘルニア 30 21 15 8 8 5 9 10 12 7 8 133
 頚椎症性脊髄症 34 26 40 47 32 32 51 43 40 37 21 403
 頚椎後縦靱帯骨化症 26 23 21 25 29 32 33 34 37 27 8 295
  頚椎変性疾患小計 90 70 76 80 69 69 93 87 89 71 37 831
 胸椎椎間板ヘルニア 0 2 0 0 0 0 0 1 4 2 0 9
 胸椎黄色靱帯骨化症 4 5 4 7 13 5 4 11 11 16 5 85
  胸椎変性疾患小計 4 7 4 7 13 5 4 12 15 18 5 94
 腰椎椎間板ヘルニア 65 50 35 55 35 41 20 38 23 29 11 402
 腰部脊柱管狭窄症 66 66 62 64 49 58 45 24 28 33 11 506
 腰椎すべり症・変性側弯症 24 25 37 33 38 39 31 72 105 64 51 519
  腰椎変性疾患小計 155 141 134 152 122 138 96 134 156 126 73 1427
 
脊椎脊髄腫瘍・動静脈奇形 19 18 19 11 15 11 20 14 14 18 8 167
 脊髄髄内腫瘍 3 3 0 1 5 0 4 2 2 0 1 21
 硬膜内髄外腫瘍 8 9 7 6 6 7 5 7 6 11 4 76
 硬膜外腫瘍 6 2 5 1 0 1 2 1 2 3 2 25
 転移性脊椎腫瘍 2 4 6 1 2 3 9 3 2 4 3 39
 脊髄動静脈奇形 0 0 1 2 2 0 0 1 1 0 0 7
 
脊椎脊髄外傷 28 35 39 63 61 85 113 89 36 74 28 651
 環軸椎脱臼骨折 2 6 6 3 3 8 9 8 8 4 2 59
 中下位頚椎脱臼骨折 4 3 6 18 9 4 18 4 1 16 0 83
 胸腰椎脱臼骨折 19 17 15 16 23 26 21 25 8 9 5 184
 骨粗鬆性圧迫骨折 3 9 12 26 26 47 65 52 19 45 21 325
 
キアリ奇形・脊髄空洞症他 10 4 8 4 9 3 6 2 4 2 3 55
 キアリ奇形 7 2 5 3 4 1 2 1 1 0 1 27
 癒着性くも膜炎 2 1 2 0 2 2 0 0 2 1 1 13
 脊髄係留症候群 1 1 0 0 1 0 1 0 0 1 0 5
 その他 0 0 1 1 2 0 3 1 1 0 0 9
 
末梢神経障害 19 54 83 64 46 59 72 76 79 38 35 625
 手根管症候群 17 33 49 56 33 34 58 61 54 24 25 444
 足根管症候群 2 12 17 4 5 16 4 11 19 4 4 98
 肘根管症候群 0 9 8 2 1 2 3 2 5 2 4 38
 その他の末梢神経障害 0 0 9 2 7 7 7 2 1 8 2 45
 
脊椎感染症 7 22 12 5 4 7 6 7 15 8 6 99
 化膿性椎体 3 19 9 0 0 2 4 1 3 2 1 44
 その他の感染症 4 3 3 5 4 5 2 6 12 6 5 55
 
その他 7 11 7 5 5 6 12 9 10 13 7 92
 
合計 339 362 382 391 344 383 422 429 417 368 201 4038

担当医表

担当医表や休診情報がご確認頂けます。
担当医表

スタッフ紹介

診療科・部門紹介 へ戻る
ページトップに戻る