診療科・部門紹介 脳神経内科(脳神経センター)

診療内容

ヒトの諸症状は神経系を通して感知されるので、すべての症状が脳神経内科の対象になりえます。臓器でいえば、脳から脊髄、末梢神経、筋肉に及んでおり、全身を診る科の一つです。

そういう意味で、脳神経内科は門番(gate keeper)として病院における総合診療の重要な一翼を引き受を担ってきており、あらゆる科からの紹介があり、あらゆる科への紹介もしています。

対象とする主な症状は、意識障害やけいれん、頭痛、片麻痺や筋力低下、ふるえ、しびれ、めまい、物忘れ、奇妙な言動などであり、疾患としては、脳卒中、パーキンソン病、各種の神経難病、脳炎・髄膜炎、脊髄疾患、免疫性神経筋疾患、片頭痛、てんかん、アルツハイマー病などであり、内科疾患や薬物治療に伴う神経症状も射程に入れています。

これらの症状や疾患に対し、早期に的確な診断をつけるとともに、適切な対処方針を提示できるよう日々努力しています。 
(更新日:2018.10.1)

診療関連トピックス

対象疾患

意識障害やけいれん、頭痛、片麻痺や筋力低下、ふるえ、しびれ、めまい、物忘れ、奇妙な言動などであり、疾患としては、脳卒中、パーキンソン病、各種の神経難病、脳炎・髄膜炎、脊髄疾患、免疫性神経筋疾患、片頭痛、てんかん、アルツハイマー病など

内科疾患や薬物治療に伴う神経症状

診療実績

外来延べ患者数 28,395人
入院延べ患者数 14,577人

 
脳卒中入院診療実績(2022年1月-12月) 
  入院患者数
脳梗塞(発症7日以内の急性期) 405
一過性脳虚血発作 44
脳梗塞の治療実施(rt-PA静注療法) 17
血栓回収療法 43
合計 509
(2022年実績)
 
疾患別症例数(2022年度実績)
  入院患者数
その他の体液,電解質及び酸塩基平衡障害 4
中枢神経系の炎症性疾患 9
脊髄性筋萎縮症及び関連症候群 15
パーキンソン病 23
基底核のその他の変性疾患 11
その他の錐体外路障害及び異常運動 2
アルツハイマー病 2
多発性硬化症 4
てんかん 30
一過性脳虚血発作及び関連症候群 42
睡眠障害 2
炎症性多発(性)ニューロパチ<シ>ー 4
重症筋無力症及びその他の神経筋障害 6
その他のミオパチ<シ>ー 2
自律神経系の障害 6
水頭症 2
その他の脊髄疾患 2
視神経炎 7
脳内出血 19
脳梗塞 240
その他の脳血管疾患 3
その他の動脈瘤 3
固形物及び液状物による肺臓炎 10
急性尿細管間質性腎炎 5
尿路系のその他の障害 12
コロナウイルス感染症2019 11
その他 47
合計 523

担当医表

担当医表や休診情報がご確認頂けます。
担当医表

スタッフ紹介

診療科・部門紹介 へ戻る
ページトップに戻る